教育方針

【1】指導の重点


(1) 各教科・科目の指導 


 1 生徒に自発的な学習習慣の定着と基礎・基本的な知識・技能の確実な習得を図らせるため、授業時間を確保しながら、指導計画と授業評価を生かした指導方法の工夫や改善に努める。 


 2 英語科に習熟度別指導(1、2学年)、数学科に習熟度別指導(1学年)、及び家庭科に少人数指導(1、2学年)を実施し、生徒の理解力や意欲を高める。 


 3 1・2学年においては基礎基本の授業を大切にし、3学年においては多様な選択科目を重視し、生徒の興味・関心をさらに育て、進路希望にも応じていく。 


 4 教科「奉仕」では、「オープンマインドタイム」の実績を生かしながら、奉仕の大切さを理解させ、実際の体験学習への取り組みの充実を図る。 


  
(2) 特別活動の指導 


 1 「オープンマインドタイム」・その他のボランティア体験学習や異年齢交流など実践的な集団活動を通して、社会性と責任感のある生活態度を育てる。 


 2 ホームルーム・生徒会活動や部活動への積極的な参加と活動の充実を促すとともに、文化祭や球技大会等を生徒が自主的に運営できるよう指導の工夫を図る。 
  


(3) 生 活 指 導
 1 欠席や遅刻等の減少を目指す。このために家庭への連絡を密にとり、協力を得るなど、きめ細やかな指導の充実を図る。 


 2 高校生らしい服装、身だしなみ、生活態度、マナーの指導や授業規律の確保のため、遅刻防止などについてめりはりのある指導を行う。このため、全教職員による生徒一人一人への指導を大切にすると共に、地域の巡回指導を行う。 


 3 教育相談委員会を中心に、スクールカウンセラーと協力しながら、教育相談を充実させる。 
 


(4) 進 路 指 導 


 1 3年間を見通した進路指導マネーメントシステムを構築し、進路に対する目標を持たせ、自己実現を図ることができる指導を計画的に行う。 


 2 二者面談を年2回実施すると共に、長期休業等を利用した三者面談等の個別進路相談を実施し、保護者との連携を進めることにより、進路希望実現のための進路指導を強化する。 


 3 キャリア教育の充実を図り、勤労観、職業観を啓発し、生徒一人ひとりの進路希望の実現を図る。 
  


(5) 総合的な学習の時間 


 1 基礎的な知識・技能の定着を図ると同時に、課題の発見・解決を図り、自己表現力の育成を目指す。 


 2 名称を「総合学習」として1学年では「奉仕」の代替として地域交流、地域貢献、ボランティア精神の育成を図り、3学年では社会・科学・芸術等の興味・関心がある分野でのいっそうの理解・深化を図るために1年間を通して課題に取り組む。 


  


【2】教育目標達成のための特色ある教育活動等


(1) 教育目標達成のための特色ある教育活動 


 1 「オープンマインドタイム」の充実を図り、教科「奉仕」を生かし、ボランティア活動を通して社会の一員としてともに生きる態度・能力を育成する。 


 2 地域にある各種施設の活用による体験学習、学校開放事業、また学校運営連絡協議会や授業公開の充実により、地域に開かれた学校づくりを推進する。 


  
(2) 学校週5日制への対応 


 1 週休日における学校説明会を実施し、学校情報の提供に努める。 


 2 保護者・PTAに対し、5日制の趣旨・意義を周知し・徹底し、学校の方針に理解を求める。
 

〒131-0041 東京都墨田区八広一丁目28番21号
電話 : 03-3617-1811 ファクシミリ : 03-3612-5396
E-mail : S1000088@section.metro.tokyo.jp